【国外】ルアンパバーン

【ラオス・ルアンパバーン2泊3日子連れ旅】ゆるりとした時間が流れる街!

去年の10月のことですが、ラオスのルアンパバーンへ行ってきました!

え、もう半年以上前?時間の流れが早すぎて怖いわ。

もう旅行記いいかなって思ったけど、ルアンパバーンはとても素敵な街だったので、やっぱり記録に残しておきたい。

ちょっとハイライトだけでもお届けしたいと思います!!

 

1日目 ルアンパバーン街歩きとプーシーの丘

フランス人夫婦の営むゲストハウスへ宿泊

タイ航空で8時45分バンコク出発の便でスワンナプーム国際空港を出て、10時13分にルアンパバーン空港へ到着。約1時間半の旅でした。

まずは空港でSIMを獲得。イミグレを出てすぐの売り場じゃなくて、少し進んだ先の売り場の方が安かったです。

ルアンパバーンはタイバーツが使えるので便利。

空港からタクシーで、今回の宿へ向かいます。

選んだのは、フランス人夫婦が営むゲストハウス。ルアンパバーンには、味のあるゲストハウスが豊富で惹かれちゃったのです。

一泊3,000円くらいの安宿ですが、清潔感あってお洒落な内装。

トイレの上にシャワーがあるので水浸しになるのが難点です。

ベランダからナムコーン川を臨めるのが良かったです。

ロビーにはオーナーさんセレクトの雑貨が置いてあり、どれもこれも可愛いものばかり。

また、ご夫妻のお子さんのオモチャを貸してくれたりと、ホスピタリティに溢れていました。

Agodaがよくセールをしていてお得です!

 

Cafe Toui(カフェ トゥイ)でラオス初ランチ

お腹が空いていたので、ご飯を食べに行くことにしました。事前にチェックしていたカフェ トゥイへ。

もう、どれ食べても美味しい!ラオス料理ってクレソンの風味たっぷりでヘルシーで、絶対日本人は好きな味だと思います。これからの旅に期待が膨らみます。

そして、この度でビアラオはまる。

 

ルアンパバーンの街歩きを楽しむ

食後はルアンパバーンの街を散歩。

街全体が世界遺産に指定されているルアンパバーンは、どの風景を切り取っても美しいです。

築100年を超える建物も、リノベーションを経てホテルやレストランとして生まれ変わり、レトロな雰囲気がとっても素敵。

ルアンパバーン図書館。観光客でも気軽に中に入ることが出来ます。絵本のプレゼントもできちゃう!

ワットマイ。メインストリートを歩いているだけでも、たくさんの寺院に出会います。

 

暑いのでマッサージとカフェで休憩

張り切って街歩きに出たのはいいものの、とにかく暑い!!

いや〜10月のルアンパバーンは暑かった。

娘が寝たタイミングでマッサージに逃げ込み、起きたタイミングでカフェに入りました。

自家焙煎で挽きたての豆から淹れてくれるコーヒーは、地元の人にも観光客にも大人気。

ルアンパバーンのカフェも、既にストローは使われていませんでした。

 

プーシーの丘からルアンパバーンの街を見下ろす

少し涼しくなってきたタイミングで、プーシーの丘へ。

仙人の山の意味を持つプーシーの丘。夕日が美しいと聞いていたので、本当は夕方に来るつもりが、そこまで待てませんでした笑

1日目にして、もはややることなし…!笑

手つかずの自然と共存するルアンパバーンの街が、とても美しい。

合計で328段の階段を、2歳娘、自分で登りきりました!凄い!

 

ナイトマーケットをぶらり

ディナーに行く前に、プーシーの丘の目の前でやっているナイトマーケットを覗いていきました。

この柄が気に入って、ポーチもラグも買って帰っちゃいました!

こういう絵も素敵。

 

タマリンドは全観光客に全力でお勧めしたいレストラン

友達に教えてもらったこのレストラン。ルアンパバーンでナンバーワンと言っても過言ではありません。

名物料理を5つ盛り合わせて出してくれるFive Bitesが、ビアラオのおつまみにピッタリ。

今回の旅行中で行ったレストランの中で、ここが一番好きでした。

 

広告

2日目 雨季のクアンシーの滝は綺麗なのか!?

ゲストハウスの朝食のパンが美味しかったなあ

街中から1時間かけてクアンシーの滝へ

朝食を食べた後、前日にお願いしておいたトゥクトゥクで1時間かけてクアンシーの滝へ。

クアンシーの滝のベストシーズンは11月〜2月までの乾季。訪れたのは10月なので、綺麗に見えない可能性もあると言われていました。

さてさて、結果は!?

やったー!!

綺麗なエメラルドグリーン!!

どどどどどと音を立てて流れる滝を見ていると、マイナスイオンがたくさん発生しているようで、凄く癒やされました。なんなんでしょう、このパワーは。

私たちは泳がなかったけど、泳いでいる人もたくさんいましたよ。

滝に行くまでの道は、クマの生態を観察できる保護センターになっていて、たくさんのクマを見学できるようになっていました。

 

まさに天国・ユートピアでランチ

また1時間かけて戻ってきて、そろそろ昼ごはんんです。

ランチの場所は、絶対に来たかった、ナムカーン川沿いの極楽カフェ・ユートピア。

ここ観光客に大人気で、めっちゃ賑わっていました。

ご飯は普通でしたが、この川を見ながら飲むビアラオは最高過ぎてヤバイです。このまま寝たい。

このまま寝るのは無理でしたが、暑いし疲れたし酔ったしで、部屋に戻って昼寝しました笑

 

街で最も美しい寺院・ワット・シェントーン

夕方からは、またまた街歩き。街のシンボルだというワット・シェントーンに行ってみました。

1560年代に建立された、ルアンパバーンで最も歴史ある寺院なんだとか。

まさに職人技!の壁面の美しさが目を引きます。

 

ブルーラグーンレストランでフレンチディナー

2日目の夜は趣向を変えてフレンチでも、ということで奮発してブルーラグーンレストランへ行ってきました!

牛肉のカルパッチョや、カツレツ、ミモザサラダなど、どれも美味しかった!綺麗なレストランでゆったりとした時間を過ごしました。

サクさんのブログを参考にしていったよ〜

またちょっとナイトマーケットを覗いて、この日は終了。

 

3日目

早起きしてお坊さんの托鉢を見学

最終日!早起きして托鉢を見に行きました。

メインストリートの方はかなり賑やかにやっているようですが、ゲストハウス前の道路はとても静かで厳か。

私も、参加するというよりは、そっと様子を見守らせていただきました。

 

ローカル感溢れるモーニングマーケット

朝ごはんの前に、地元の人で賑わうという朝市へ。

野菜や果物、生肉、薬味などの食べ物が中心ですが、中には洋服やカゴ製品もありましたよ。

 

名もないお店のカオソーイが絶品

メインストリートを東へ移動し、名もない食堂へ向かいます。

ここ、スープがなくなり次第閉店で、毎日12時には閉まってしまうんだとか。1日目に行こうとして、既に閉まってたのでリベンジしたかったんです。

カオソーイと呼ばれていますが、タイで食べられるカオソーイとは全然違います。

ラオスのカオソーイは太麺に肉味噌がたっぷり。スープ自体はけっこうあっさりしているので凄く飲みやすいです。ハーブが効いてますねえ。

これめっちゃ好きです。タイで食べられるところがあれば、通ってしまうと思います。

Le Banneton(ル・バントン)で、バンコクに持って帰るパンをテイクアウト。1日目の街歩きのときから狙ってたんですーー!!

その後、11時台の飛行機だったので、9時にはゲストハウスを出発して空港へ向かいました。街と空港が近いのもありがたいですね。

 

ルアンパバーン旅まとめ

以上、ルアンパバーン2泊3日の旅の行程でした。

とにかく食べ物とカフェが素晴らしかった。都会のバンコクにはない、ゆるりとした時間が流れていました。あと自然が豊かで、山好き家族としては最高!

観光っていうよりは、とにかく食べてゆったりして…っていう過ごし方がいいですね。

なので、子連れならゲストハウスじゃなくて、プールのあるホテルを取ればよかったなあという反省点があります。

夫婦2人でのんびり、もしくは1人旅なんかが似合う街だなと感じました。

友達から借りたこの本がめちゃくちゃ参考になりました!

載ってるお店はどれもハズレ無しですし、写真も可愛いし、一冊持ってるとルアンパバーン旅がより快適になりますよヾ(´∀`)ノ

ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!
日本への一時帰国時におすすめなポケットWi-Fi

日本への一時帰国時の通信環境は悩みのタネですよね。

ぷくこのおすすめは【Wi-Fi東京】!!

>>日本への一時帰国時のWi-Fiレンタルは「Wi-Fi東京」で決まり!!

  • 日額レンタル料金が200円(30日プランの場合)〜
  • 通信容量が無制限!最大10台同時接続可能!

Wi-Fi東京を詳しく見てみる