生活情報

バンコクで大人気のマンゴー屋さん「Mae Varee(メーワーリー)」@トンロー

記事公開日:2016年5月15日 記事更新日:2018年5月21日

最近のバンコクは気温30度後半、体感気温40〜50度という猛烈な暑さが続いております。

ほんっとーーーに外を歩くのが辛い!!

タクシー利用率が必然的に上がります。嗚呼、早くこの暑さが去ってほしい…!!

と、いうのは切に願うことではあるんですが、ひとつ良いこともあります。

それは、

フルーツが美味しい!

そして安い!

ということ。

もちろん、タイは年中暑いので、フルーツはどの時期でも見かけますが、一番甘みが強まるのは、4月〜5月のこの時期なのです。

その中でも人気なのは、やっぱりマンゴー!

今回は、バンコクでも人気のマンゴー屋さんをご紹介したいと思います!

 

Mae Varee(メーワーリー)

この季節はどこで買っても美味しいマンゴーですが、私がよく買いに行くのはこのお店。

ここは、季節ごとにマンゴーの仕入先を変えるくらい徹底した品質管理をされています。

厳選したマンゴーを売っているので、一年中いつ来店しても、美味しいマンゴーを食べることができるんです。

2017年に店舗リニューアルをして以前よりもきれいになりました。

 

場所

場所は、トンロー駅から徒歩1分という、かなり便利な立地。

駅を奇数側に降りて、トンロー通りを左に曲がると、すぐ左手にマンゴーがたくさん並ぶお店が見えてきます。

店先に大量のマンゴーが積み上げられているので、すぐ分かると思います。

リニューアル前の店舗

 

お店の様子

地元の方から、観光客まで、いつも途切れることなくお客さんで賑わっています。

最近の一番安い時で、1キロ100バーツ(約340円)でした。

だいたい1キロでマンゴーが2個なので、1個170円ほど。日本だと考えられませんね。

でも、寒季のときだと、1キロ200バーツ(約680円)のときもあって、倍の値段に跳ね上がります。

やっぱりマンゴーを大量消費するなら、絶対暑季に限りますね。

 

実際に食べてみた

f:id:pukuko15:20160514013754j:plain

お願いすれば、その場でカットしてくれます。

タイ語が分からなくても、「カット プリーズ」とジェスチャーで通じるのでマイペンライです。

本当は、カオニャオマムーアン(ココナッツミルクで炊いた餅米の上にマンゴーを載せたもの)が有名で、観光客の方なら是非一度食べてみてほしいのですが、個人的にはマンゴーそのままが好きなので、あんまり頼みません。

あと、食べるのが数日後になる時は、その旨を伝えれば、まだ熟しきっていないマンゴーを選んでくれたりもします。

店員さん、どの方も無愛想ではあるんですけど、なんだかんだで親切なんですよね笑

ああ、写真見てたら食べたくなってきたので、また明日にでも買ってこようっと!

 

店舗詳細

Mae Varee

場所:Thong Lo 55 Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
電話:02-394-4804
営業時間:24時間営業

※ 2018年5月21日現在:1バーツ=約3.4円

ブログランキング参加中!
記事が面白かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ