読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

「うなぎ中村」で半年に一度の贅沢ごはん@プロンポン

ごはん屋 ごはん屋-和

スポンサーリンク

f:id:pukuko15:20160621235205j:plain

うちの旦那氏は静岡県民だからか、定期的に鰻が無性に食べたい病にかかるようです。その間隔がだいたい半年に一度。そんなときでも美味しい鰻を食べられるのが、バンコクの素敵なところ。我が家では、決まって「うなぎ中村」さんを訪れています。

うなぎ中村

場所は、スクンビットソイ37。ワットポーマッサージスクールの筋向かいにあります。

プロンポン駅から徒歩約3分ほどの便利な立地です。

f:id:pukuko15:20160621233926j:plain

道の右手に大きな看板が。

f:id:pukuko15:20160621233950j:plain

先日の昼間に訪れたときは、男性の一人客が多くいました。皆さん贅沢なランチを食べてるんですね(o゚Д゚o)

メニュー

昼も夜も訪れたことがありますが、ランチセットはお得感があってお勧めです。

「うな丼セット(ランチのみ)」800バーツ(約2,380円)

f:id:pukuko15:20160621234353j:plain

香ばしい鰻の蒲焼きに、大きな卵焼きがどーんと2個つきます。外はパリパリ、中はジューシーで理想的な焼き加減。これに、サラダ、選べる小鉢3種、デザートがセットになっています。

f:id:pukuko15:20160621234550j:plain

f:id:pukuko15:20160621234606j:plain

このときのチョイスは、豚の角煮、焼きナス、酢ダコ。他にも、かなりの種類の中から3種類選べます。

f:id:pukuko15:20160621234620j:plain

メロンに添えられているのが、なぜか人参w

私としては、この「うな丼」で大満足なんですが、旦那氏的には鰻は「うな重」で食べたいという変なこだわりがあるそうで。贅沢な奴め。
で、そのうな重がこちら。

「うな重(台湾産)」1,480バーツ(約4,400円)

f:id:pukuko15:20160621235205j:plain

まあ確かに鰻の量が全然違いますもんね。気持ちは分かるけどさ!!
ちなみに日本産だと2,330バーツ(約6,920円)だって。それはちょっと無理っす…。

f:id:pukuko15:20160621235405j:plain

鰻の付け合せになぜかウィンナーw

お値段的なものもありますが、セットの小鉢3点を考えても、ランチはかなりお得感があります。ま、それでも我が家にとってはかなりの贅沢なので、やっぱり半年に一度の楽しみですかね(・∀・) だって静岡で食べるのと倍以上値段が違うんやもん…。

そうそう、毎月22、23日は鰻デーということで、日本産うな重が1,890バーツ(約5,610円)+ 生ビール1杯サービスで食べられるみたいですよー!要チェックです!

店舗詳細

うなぎ中村
住所:1/12 Sukhumvit Soi 39
電話:089-929-7194
営業時間:月〜金:11:30~14:00、17:30~22:00
     土日祝:11:30~15:00、17:00~21:30

※ 2016年6月21日現在:1バーツ=約2.97円

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

他のバンコク情報・駐在妻ブログはこちらのボタンからご覧いただけます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

こんな記事がよく読まれています

おすすめのタイ語参考書【レベル別】
バンコクでは売ってないもの・見かけないもの10選
海外からプライムビデオ・Hulu・TVer・Gyao等を見る方法