ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

【バンコク遊び場】セントラルワールド8階にあるオシャレ図書館「TKパーク」内のキッズコーナー

スポンサーリンク

f:id:pukuko15:20180126172928j:plain

セントラルワールドは、必要な買物がそこだけで完結するので、定期的に訪れるショッピングモールです。

その8階にあるお洒落で近代的な図書館があるのってご存知でしたか?

今日は、図書館内の子供向けゾーンがちびっこの遊び場として、なかなか使えるのでご紹介します。

スポンサーリンク

 

  

TKパーク

TKと聞くと、つい物哀しい気持ちになってしまう小室ファミリーどんピシャ世代です。

まあそれはさておき、TKパークってなんぞや?というと、「Thailand Knowledge」の頭文字。

未来への架け橋、国の宝物である子供たちに知識を付けてほしい、という意味が込められているそうです。素敵な由来ですね。

TKパークは、セントラルワールドの8階にあるんですけど、ちょっと行き方が難しい。TKパークに行くには、専用のエレベーターを使わないといけません。

まずは、6階のトイザらス横から入っていく子供向け遊び場を探しましょう。

f:id:pukuko15:20180127220141j:plain

この奥が遊び場です。

f:id:pukuko15:20180126173028j:plain

これが遊び場。で、その手前にエレベーターがあります。

f:id:pukuko15:20180126172959j:plain

このエレベーターから上に行くのが、一番分かりやすくてスムーズだと思います。

f:id:pukuko15:20180126172915j:plain

ひとつ登るとセントラルフードホールがあります。もちろん、直接7階に行ってフードホールを探してもOK。

更にその上が「TKパーク」の入口です。

f:id:pukuko15:20180126172928j:plain

TKパークに入るには、パスが必要です。まずは、入口横にあるカウンターに行きましょう。

f:id:pukuko15:20180126172742j:plain

ここで、「One Day Pass」と言えば、パスを発行してくれます。

ワンデーパスを作るには、IDカードかパスポートが必要です。パスポートはコピーで大丈夫でした。

f:id:pukuko15:20180127005647j:plain

まずは70バーツをカウンターで支払い、パスを発行。帰るときに再度カウンターに行けば、パスと引き換えに50バーツを返してもらえます。

つまり、20バーツで入場可能!しかも入退場自由!何度でも出たり入ったりできるんです。めちゃくちゃ安いでですね。

それでは中に入ってみましょう。

f:id:pukuko15:20180127010341j:plain

f:id:pukuko15:20180127010136j:plain

図書館なので、もちろんたくさんの本が。

f:id:pukuko15:20180127010247j:plain

ほとんどが洋書ですが、中には日本語の本も。上のはデザイン本ですが日本語で書かれています。

f:id:pukuko15:20180127220628j:plain

オーディオ&パソコンコーナーも台数豊富。奥には、ビーズクッションの上で本を読めるコーナーもあり、本好きとしては図書館としてとても魅惑的です。

 

キッズコーナーの様子

さてさて、今回のメインはTKパークのキッズコーナーです。

f:id:pukuko15:20180127220924j:plain

図書館内を入っていくと、左手にその入り口があります。

f:id:pukuko15:20180127011354j:plain

まず入ってみて目に飛び込んでくるのが、この蜂の巣のようなジャングルジム!!

f:id:pukuko15:20180127011542j:plain

これで上の方にある本を取ることも出来ますし、中で本を読むこともできます。大人が登るには少し小さいですが、子供が本を読むには丁度いいのサイズ感。

めちゃくちゃオシャレですよね。皆思い思いの格好で本を読んでいます。

f:id:pukuko15:20180127011747j:plain

奥には、小さな子供にピッタリなマットスペース。ここは、ちびっこ限定ゾーンで、周りに置いてある本も、幼児向けの絵本がメインでした。

f:id:pukuko15:20180127012009j:plain

英語やタイ語の本ばかりではありますが、トーマスやディズニー、キティちゃんやノンタンの本なども置いてありました。

子供と一緒に、知っているキャラクターの本を探すのも面白そうです。

f:id:pukuko15:20180127012115j:plain

英語の絵本って、カラフルで可愛いものが多くて目移りしちゃいます。

f:id:pukuko15:20180127011233j:plain

本だけでなく、キッチンや積み木、ブロックやなども置いてあります。これは嬉しいですね。

f:id:pukuko15:20180127012423j:plain

床が柔らかいクッション素材になっていて、ちびっこたちにはとっても快適。親子で本を読んだり、優しい時間が流れます。

f:id:pukuko15:20180127015138j:plain

その他にも、15歳以下の子供しか入れないタワーがあったり、

f:id:pukuko15:20180127015416j:plain

ちびっこ用の机と椅子があったりと、子供が楽しく過ごせるように作られています。

 

まとめ

すごくハイセンスで、かつリラックスできて、大人も子供も楽しめる図書館。

セントラルワールド内なので、夫婦どちらかが買物中に、どちらかが連れてきて…って使い方もできそうですよね。

1歳ちょっとの我が子は、本棚の本を出すのにハマってしまって(予想はしていましたが)、片付けが相当大変だったので、もう少し大きくなってから再訪したいと思います (´∀`;)

 

施設詳細

TKパーク

 ※ 2018年1月27日現在:1バーツ=約3.4円

 

◆◇ 関連記事 ◇◆