ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

どれがおすすめ?タイ・バンコクで売ってるオムツを徹底比較!【Sサイズ編】

スポンサーリンク

f:id:pukuko15:20170517015829j:plain

タイでは、たくさんのオムツが売っているので、どれを使ったら良いのか迷ってしまいますよね。

今回、Sサイズのオムツをひと通り使ってみて、徹底比較してみました。もちろん、赤ちゃんの体つきや大きさによって合う合わないがあると思うので、個人的な意見にはなるのですが、参考にしてもらえれば嬉しいです(。・ω・)ノ゙

スポンサーリンク

 

 

各メーカー特徴

f:id:pukuko15:20170517220935j:plain

今回の比較対象は、「メリーズ」「ムーニー」「グーン」「マミーポコ」「ベイビーラブ」「ハギーズ」のテープタイプ6点です。

まずは、今回比較するオムツについて、概要をご紹介します。

テープタイプではないので比較検証からは外していますが、ムーニーとグーンのパンツタイプも使ったことがあるので、使用してみた感想をお伝えしたいと思います。

私は使ったことがないんですが、タイの通販サイトLazadaや、ベビーベストバイでは、パンパースのオムツも買えますよ。

 

Merries(メリーズ)【テープ】

f:id:pukuko15:20170517221012j:plain

  • 定価:230バーツ(セール:188バーツ)/ 24pcs 
  • 1枚あたり:9.58バーツ(セール:7.83バーツ)
  • メーカー:花王
  • キャラクター:ウサギ
  • 対象体重:4-8kg
  • おしっこサイン:有

 日本からの輸入品で品質はやはり日本素材。タイでは、比較的どこのスーパーでも売られていますが、逆に日本では、店頭だと手に入れづらいんですよね。Big-Cが割と安く売っている印象です。一度150バーツ/24pcsのときがありました。

3層エアスルー設計で、長くつけていてもサラサラしているのが売り。また、薄くてかさばらない点もお出かけのときには重宝します。

 

moony(ムーニー)【テープ】

f:id:pukuko15:20170517221053j:plain

  • 定価:859バーツ(セール:639バーツ) / 84pcs
  • 1枚あたり:10.22バーツ(セール7.6バーツ)
  • メーカー:ユニチャーム
  • キャラクター:プーさん
  • 対象体重:4-8kg
  • おしっこサイン:有

マミーポコという名前になっているから分かりづらいですが、タイにもムーニーはあります。パッケージがムーニーと完全一致。中身も同じです。

f:id:pukuko15:20170517221108j:plain

定価だと高いんですが、フジスーパーでよくセールしています。在庫が少ないので手に入りづらいのが難点。グルメマーケットだと置いてあるけど、あまり安くないんですよね。

「ふんわりぴたりでモレ安心」というキャッチフレーズ通り、お尻にぴたっとフィットします。

 

GOON(グーン)【テープ】

f:id:pukuko15:20170517221126j:plain

  • 定価:359バーツ(セール:269バーツ) / 42pcs
  • 1枚あたり:8.54バーツ(セール:6.4バーツ)
  • メーカー:エリエール(タイ)
  • キャラクター:アニマル
  • 対象体重:4-8kg
  • おしっこサイン:有

日本では松潤がCMをしているGOON。 「ふわさらメッシュシート」を利用してムレないように設計されているそうです。確かに、外側も内側もサラサラしていて柔らかいです。

タイ製ではありますが、「JAPAN QUALITY」ということで、大きな違いはないと思います。ただ、日本版はワンワンとウータンの柄ですが、タイではちょっとダサめの動物柄になっています。

 

Mamy Poko(マミーポコ)【テープ】

f:id:pukuko15:20170517221142j:plain

  • 定価:669バーツ(セール:373バーツ)/ 48pcs
  • 1枚あたり:13.9バーツ(セール:7.77バーツ)
  • メーカー:ユニチャーム(タイ)
  • キャラクター:プーさん
  • 対象体重:3-8kg
  • おしっこサイン:有

タイでは約60%のシェアを誇るマミーポコのオムツ。タイの工場で作られていて、日本製のものとは大きく異なります。そもそも、日本のマミーポコはSサイズがありません。テープMサイズが6-11kg対象になっているそうです。

吸水部分が緑なのが珍しいですね。ちょっと紙がゴワゴワしているのと、分厚いのが気になります。分厚いせいで梱包パッケージが大きく、たくさん入っているように見えますが、実はムーニーの半分しか入っていません。

 

Baby Love(ベイビーラブ)【テープ】

f:id:pukuko15:20170517221202j:plain

  • 定価:300バーツ(セール:229バーツ)/ 54pcs
  • 1枚あたり:5.55バーツ(セール:4.24バーツ)
  • キャラクター:ウサギとカメ
  • 対象体重:3-7kg
  • おしっこサイン:無

とにかく圧倒的な安さが魅力のタイ製オムツ。日本製に比べると、やっぱり折りたたんだときの分厚さが多少気になります。でもマミーポコよりは薄いです。

腰回りのテープが白なので、履かせるときにどっちが上か分からず手間取ってしまうのと、おしっこサインがないのが難点。でもそれ以外は、特に問題なし。フィット感や内側の肌触りなんかも遜色ありません。

 

HUGGIES(ハギーズ)【テープ】

f:id:pukuko15:20170517221248j:plain

  • 金額:175バーツ/ 22pcs
  • 1枚あたり:7.95バーツ
  • キャラクター:くま
  • 対象体重:4-8kg
  • おしっこサイン:有

元々アメリカ発祥のブランドで、日本ではAmazonのみで販売されているそうです。日本で売られているものは、男の子用と女の子用に分かれているようですが、タイで売られているテープSサイズは、男女兼用みたいです。パンツタイプは男女で分かれていました。

こちら、なかなか優秀で、テープタイプなのにモレ安心ポケットがついています!また、おしっこサインが足跡になっているのもかわいい。(ちょっと見づらいけど)

私の見たスーパーでセールになっているのを見ていないだけで、ヴィラやマザーケアなどで、もっと安く売っているかもしれません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

以上、6つのオムツを項目ごとに比較していきます。 

今回の比較対象からは外しますが、一応使ったことのあるSサイズのパンツタイプもご紹介しておきます。寝返りが激しいとかでない限り、テープタイプの方がコスパも良いですし、無理に使う必要はないかもしれませんが。

GOON(グーン)【パンツ】

f:id:pukuko15:20170517221430j:plain

  • 定価:549バーツ(セール:468バーツ)/ 66pcs
  • 1枚あたり:8.31バーツ(セール:7.09バーツ)
  • メーカー:エリエール
  • キャラクター:アニマル
  • 対象体重:4-8kg
  • おしっこサイン:無
  • 後処理テープ:有

 テープタイプと間違えて買ってしまったグーンのパンツタイプ。生後5ヶ月頃に使いましたが、案外履かせやすかったです。ただ、おしっこサインがないので注意です。 

 

ムーニー【パンツ】

f:id:pukuko15:20170517221415j:plain

  • 金額:タイで売っていない?
  • メーカー:ユニチャーム
  • キャラクター:プーさん
  • 対象体重:4-8kg
  • おしっこサイン:有
  • 後処理テープ:有

友人から譲ってもらったムーニーのパンツタイプ(日本から持ってきたもの)。Sサイズのパンツタイプをタイで見かけたことがありません。Sサイズのテープはあるんだし、多分どこかで売ってると思うんですけどね。

ピタッとギャザーがくっつく感じで最高のフィット感。ゆるウンチポケットがついていたり、後処理テープがサイドについていたりと、使いやすさも抜群です。Mサイズも同じような感じであれば、これを使いたいと思いました。

 

各項目ごとに比較

それぞれのオムツの概要を掴んだところで、項目ごとに比較していきたいと思います。

 

肌触り(外側)

メリーズ > ムーニー > グーン > ハギーズ > マミーポコ > ベイビーラブ

まずは外側の肌触りから。やっぱりここは、日本製に軍配が上がりますね。メリーズやムーニーは、サラサラの布みたいな肌触りで気持ちがいいです。特にメリーズは、紙自体も薄くて持ち運びしやすいのがポイント。

タイ産(マミーポコ、ベイビーラブ)は、紙っぽくてゴワゴワした質感が気になります。

 

肌触り(内側)

グーン> ムーニー > メリーズ > ハギーズ > マミーポコ > ベイビーラブ

メリーズ、ムーニー、グーンは、同率で1位といっていいくらい、内側のシートがさらさらで気持ちいいです。他のハギーズ、マミーポコ、ベイビーラブは、サラサラしていない訳ではないですが、ちょっと硬く感じます。

 

伸縮性(お腹周り)

ムーニー > メリーズ > ハギーズ > ベイビーラブ > グーン > マミーポコ

ムーニー、メリーズ、ハギーズの伸びはほぼ一緒。よく伸びてつけやすいです。ベイビーラブは、上位3つ程ではないですが、そこそこ伸縮性が高いのにビックリしました。

グーンは、伸びない分、元々お腹周りのテープ部分が大きめに作られています。私の子供はお腹が痩せ型なので、テープ部分の収まりが悪く、つけにくかったです。逆に、ぽっちゃりタイプの子だといいのかもしれません。

マミーポコは、伸びないのにグーンより小さめで、大きい子ならすぐにサイズアウトしちゃいそう。そもそもの対象体重も小さめですしね。

 

大きさ

f:id:pukuko15:20170517221618j:plain

グーン > メリーズ > ハギーズ > ムーニー > マミーポコ > ベイビーラブ

これは写真を見てもらえば早いですね。比べてみると、グーンが一番大きかったです。メリーズも大きめ。ムーニーは太もも周りは大きめですが、腰回りはちょっと小さめだと思います。その分伸びるからいいんですが。

マミーポコとベイビーラブは、元々対象体重が3kg〜と他より小さ目なので、作りも小さいです。特にマミーポコは、よく跡がついていたのが気になりました。

 

漏れにくさ

ムーニー > メリーズ > ハギーズ > ベビーラブ > グーン >マミーポコ

正直どのオムツでも漏れたことはあるので、私の個人的所感が大きいです。

ただ、グーンとマミーポコはかなり漏れましたね…。マミーポコは小さいのかなと思っていたんですけど、グーンは割と大きめなのに、前からも後ろからもサイドからも漏れて困り果てました(A;´・д・)ゞ あ、でも我が子は細身なので、もっと大きな子なら漏れにくいのかもしれません。

ムーニー、メリーズ、ハギーズはあんまり漏れず。特にムーニーは、ふんわりぴたりのフィット感が我が子にピッタリだったようです。夜寝る前のオムツは、この3つがおすすめです。

 

コスト

一枚あたりのセール時の金額で比較してみました。

フジスーパー店舗と、宅配アプリ「HAPPYFRESH」で調べた、BIG-C、ロータス、グルメマーケットの中での最安値を記載しています(2017年5月18日現在)。ですので、他のスーパーや日によってはもっと安くなっていることもあるかと思います。

  • メリーズ:7.83バーツ(約25円)
  • ムーニー:7.6バーツ(約24円)
  • グーン :6.40バーツ(約20円)
  • マミーポコ:7.77バーツ(約25円)
  • ベイビーラブ:4.24バーツ(約13円)
  • ハギーズ:7.95バーツ(約25円)

ベイビーラブが、軍を抜いて安いですね。他の半額の値段です。

メリーズ、ムーニー、マミーポコ、ハギーズが横並びという結果に。メリーズやムーニーって高いイメージがあったけど、セールを上手く利用すれば、そんなに高くないですね。

逆にマミーポコは安いイメージがあったけど、そこまで安くないなあ。それに比べると、グーンが安い!

ちなみに、AmazonでムーニーSサイズの1枚あたりの値段は24円なので(2017年5月18日現在)、タイだから特別オムツ代が高いという訳ではないと考えられそうです。

 

まとめ

以上の比較検証をまとめてみると、以下の通りとなりました。

  • 肌触り(外側):メリーズ
  • 肌触り(内側):グーン
  • 伸縮性(お腹周り):ムーニー
  • 大きさ:グーン
  • 漏れにくさ:ムーニー、メリーズ、ハギーズ
  • コスト:ベイビーラブ

メリーズ、ムーニー、グーンがそれぞれ2つずつ1位を取っていますね。

ただ、私としては「漏れにくさ」は大事なポイントなので、独断と偏見で「メリーズ」をタイのベストオムツとさせていただきます。ムーニーもいいんですけど、なかなか安く手に入りづらいので。もし、セールをやっていたら即買いですね!

という訳で、私はメインオムツをメリーズ、サブオムツをベイビーラブとしていました。サブオムツは、家にいるときや、あと少しでお風呂ってときにウンチをしちゃったときなどに使う用です。

メリーズに代わってハギーズでもOK。1位は取っていませんが、ハギーズのオムツ自体はとっても優秀。その日のセール状況によって、メリーズの代わりにハギーズを買うことも。

私は、グーンやマミーポコは合わなかったですが、使っている日本の友人も多いですし、相性なのかなと思います。タイでは、少量パックも置いてあるので、ひと通り試してみるといいかもしれません。

最近ようやくMサイズに移行したので、またMサイズ編もお届けしたいと思います!

※ 2017年5月18日現在:1バーツ=約3.2円