ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

お店を決めるときの「何か食べたいものある?」のやりとりにちょっと飽きてきた話

スポンサーリンク

f:id:pukuko15:20170429001025j:plain

友達とランチの約束をすると、お決まりのように出てくる言葉。

「何か食べたいものある?」
「どこか行きたいお店ある?」

はい、もちろん私もよく使っています。でも正直なところ、このやり取りちょっと飽きてきちゃいましてね ( ̄▽ ̄;)

今日はそんなどうでもいい話をば。ほんとくだらないから、先に言っておきます。

スポンサーリンク

 

 

妊婦だからって食べたいものがすぐに思いつく訳ではない

一番困ったのは妊婦のとき。

「妊婦なんだし、ぷくこちゃんの好きなもの食べよう!」

毎回毎回、みんな口を揃えてこう言ってくれるんやけど、好意で言ってくれてるのも分かるんやけど、ないない!毎回そんなに食べたいものや行きたいところなんて出てこないよ!

私つわり軽かったし、食の好みもそこまで変わらなかったから、何でも食べれるし、むしろお腹が空いてしかたないから、とにかく量の多いもので!くらいしかリクエストなし。

「この人達は、自分がお店考えるの面倒だから、私に押し付けようとしているのでは…?」なんて疑ったことも。はい、情緒不安定〜!ホルモンのせいだから許してね。(ホルモンと言えばなんでも許されると思うな、と旦那からよく怒られるけど)

って言いながら、私も妊婦さん相手だと一応聞いてしまうんですが。後期までつわりが続いて食べられるものが少ない妊婦さんも多いですしね。

 

子連れだからって行きたいお店がすぐに思いつく訳ではない

子供が産まれたら産まれたで、

「子連れだから色々都合もあるだろうし、ぷくこちゃんの好きなお店で!」

 

 

ないない!子連れだからって行きたいお店がすぐに思いつくほどお店知りません。まあ座敷だったらありがたいけど、ソファ席でもいいし、最悪テーブル席でも抱っこひもで食べちゃうし。あ、ランチ時にも離乳食食べさせることになったらちょっと考えるのかな。まだそのへん分かってません。

って言いながら、私もベビちゃんママが相手だと、こだわりがあったらいけないから一応聞いちゃうんですけど。

 

本当にお店はどこでもいい

私にとって、友達とランチに行くときはおしゃべりが目的なので、お店ってどこでもいいんですよ。美味しいものを食べても、話に夢中になってると味ってよく分からなくないですか?(私だけ?)

ブログやってるけど、ブログやってるって言ってない友達の方が多いから、ブログネタにここ行きたいってのも友達同士のときにはあんまりないし。

f:id:pukuko15:20170429001541j:plain

そもそも、食に対してのこだわりがあんまりないんですよね。遠くまで行って「これ食べたい!」とかあんまりなくて。誘われたらノリノリで行くんですけど。もし、どうしても食べたいものがあったときは、1人で行くか、旦那に付き合ってもらいます。

本当になんでもいいので、なんだったら、毎回同じ店でもいいくらい。あ、でも生のチーズが好きじゃないので、チーズフォンデュのお店だけは勘弁してください。ピザは大丈夫です。(面倒くさいやつ)

「私このお店がいいかなと思ってて」ってパパパパパーっとお店を決めてくれる人は神やと思う。

 

じゃあ、どうすればいいのか対処法3つ

f:id:pukuko15:20170429001721j:plain

と、いう訳で、対処法を考えてみました。

◉ 相手より先に「何か食べたいものある?」と聞く。

先手先手で動くことで、相手に主導権を渡しません。決定権を相手に押し付けていきます。時々「逆にぷくこちゃんは?」というブーメランが返ってくることも。

 

◉ 適当なお店をいくつか紙に書いて箱に入れておく、くじ引き方式。

ビンゴマシーンでもサイコロでも代用可。何が出るかな、何が出るかな、チャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャン

 

◉ 毎回「焼肉」と答えてみる。

毎回焼肉でもいいくらい、焼肉が好きです。でも、そろそろちびさんが動き回って危ないからリミットが近づいている。

 

まとめ

こんなこと言ってる私ですが、もしリアル友達で読んでる人がいれば、気軽にランチに誘ってください。(誘いにくいわ!)

念のため言っておくと、こうやって言っておきながらも、毎回食べたいものや行きたいもの、聞かれたら調べて提案したりもするんですよ。もはや手遅れ感が否めないけど。

◆ 関連記事 ◆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

他のバンコク情報・駐在妻ブログはこちらのボタンからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ