ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

アヤさん(メイドさん)を雇うことになりました③ 〜実際に雇ってみた感想〜

スポンサーリンク

f:id:pukuko15:20160911190324j:plain

我が家にアヤさんがやってきました!!やってもらっている家事の内容と、雇ってみて良かったこと、悪かったことについて書いていきます。

スポンサーリンク

 

 

頼んでいる仕事内容

私が頼んでいる仕事内容は、こんなところです。

  • 掃除(リビング・水周り)
  • 洗濯
  • 食器洗い
  • ベッドメイク
  • アイロンがけ

私がタイにいる間は、洗濯はアヤさんに頼まず自分でやっていました。自分の服には、ネットに入れてもらいたいもの、乾燥機には入れてもらいたくないもの等、感覚値のものがあるので、いちいち説明するのが面倒くさくて。私が日本に行ってからの旦那の分は、全部おまかせです。乾いたらちゃんと畳んで仕舞ってくれてるみたいです。

友人からは、もしアヤさんの行動で気になるところがあれば、最初のうちに言った方がいいとアドバイスを貰いました。たまに床掃除をした雑巾で机の上を拭いたりとか、そういう方もいるみたいです(;´∀`)アリエナイ…!  

私の場合、そこまで気になるところはなかったんですが、彼女がいつも持って来る傘を、使ってない部屋のベッドの上に置いてあるのを見つけたので、注意をしました。ベッドの上に傘ってちょっと嫌じゃないですか…?

でも、気になるのはそれくらいで、他の家事は全部きれいにやってくれます!!!自分でやるより綺麗なので感動モノですヾ(*ΦдΦ)ノ

 

アヤさんを雇ってよかったこと

とにかく部屋の中が綺麗になる!!

これに尽きますねー。元々掃除に対してこだわりのない私。こだわりがないといえば聞こえが良いですが、まあ掃除が嫌いなんですね。片付けは好きなんやけどなあ(´・ω・`) 

バンコクに来てからずっと気になってた浴室の水垢(自分でどれだけ拭いても取れなかったやつ)も綺麗にとってくれました。あと、うちの浴室が滑りやすいので、妊娠してからは掃除するのが少し怖かったんですがアヤさんが代わりにやってくれるようになって有り難かったです。

 

シーツ交換が楽ちん

バンコクの家のベッドって無駄に大きいからシーツ交換もけっこう重労働。マットレスを一瞬持ち上げるのが重くて重くて…。アヤさんもおばちゃんなので、腰が痛い痛いと言いながら頑張ってくれています(;´∀`)ちょっと申し訳ない…。

 

アイロンがけからの解放

私の中で嫌いな家事ランキングの1、2位を争うアイロンがけから解放されたのが本当に嬉しい!しかもきれい!!めっっちゃパリッとしています。私、いつも1着5分くらいでちゃちゃっとかけちゃうんですけど、アヤさんは10分くらい丁寧にかけてくれています。だから、あんなにきれいに仕上がるんですねえ。

 

タイ語の練習になる

我が家のアヤさんは日本語が話せません。でも、日本人家庭に慣れているからか、タイ語はゆっくり話してくれます。学校やお店、タクシー以外でタイ語を使う機会ってほとんどないので、アヤさんが来てくれるとタイ語の練習になります。ほんと毎回、「もう1回言って」ってお願いしてますけど、嫌な顔せず付き合ってくれる彼女に感謝です。

ちなみに、私のタイ語はカタコトレベルではありますが、身振り手振りと、辞書を使うことで、なんとかコミュニケーションは取れています。タイ語学校の初級クラスを卒業した方であれば、タイ語オンリーのアヤさんでもなんとかなるんじゃないですかね。

「洗剤」とか「シーツ」とかの家事関連のボキャブラリーが増えました(笑)

 

お母さんみたい

母親ほど年を取ってる訳じゃないんですけど、我が家のアヤさんはそれなりにおばちゃんです。だからなのか、妊娠中の私のことを、よく気にかけてくれます。

私は、アヤさんの来ている間にコンド内のフィットネスにウォーキングしに行くんですが、たまに面倒がって家でゴロゴロしてると「今日は行かへんの?運動せなあかんで(ニュアンス的に関西弁がピッタリ)」とか言ってきます(笑)

また、体調が悪くてしんどいときは、「ベッドで寝ときや」って言って、寝るのに邪魔にならないように、その日は掃除機をかけないようにしれくれますし、なんかお母さんみたいです。

 

アヤさんを雇って面倒に感じること

自宅に他人がいるのはやっぱり気を使う

良い人で、それなりに仲良くなったとはいえ、やっぱり他人は他人です。アヤさんが掃除をしてくれている中でソファでゴロゴロテレビを見ていると、ちょっと申し訳ない気分になったりします。週2日の3時間程度なので問題ありませんが、一日中だとしんどいかもしれません(;´∀`)

 

貴重品は隠しておかないといけない

f:id:pukuko15:20160917102516j:plain

アヤさんに関する良くない話といえば、やっぱり盗難です。それが怖いから雇わないという方も多いと思います。

我が家に取られるような貴重品はないんですけど、やっぱりリスクヘッジはしておかないといけません。現金などは自宅に置いておかないようにしていますが、アヤさんにとって何が貴重品になるのか分かりませんもんね。そういう風に、気を張っておかないといけないのが、ちょっと面倒です。

 

洗剤の減りが早過ぎる

どこのアヤさんもそうのかなと思うんですが、洗剤の減りが異常に早いです。例えばトイレ用洗剤なんて、私が自分でやっていたときは半年使っても1本なくならなかったのに、1ヶ月でなくなります。一応もうちょっと節約してよーって伝えてみたんですが、ちゃんと聞いてくれているのやら(A;´・д・)ゞ

 

タイ語オンリーはやっぱり疲れる

メリットの部分で、タイ語の練習になると書いたんですけど、どうしても伝わらない、または理解できないことが出てきます。そういうときは諦めちゃうんですけど、英語でも日本語でももう少し理解してもられば楽になるのになあと思うことがあります。

特に、日本にいる間はLINEでアヤさんとやり取りをしているんですけど、タイ文字のやり取りが本当に大変!「リビングに脱ぎっぱなしのスーツ、どうすればいい?」とか、タイ語で来るんですけど、忙しい時は「知らねーよ!」ってなります(笑)

旦那氏がタイ語でのやり取りができないので、こっちにLINEが来るんですよね。もう翻訳ソフトに頼りまくっています。その場にいたら、身振り手振りでなんとかなるんやけどなあ。

 

まとめ

まだ雇い始めて間もないですが、特に不満もトラブルもなくやっています。遅刻も無断欠勤もありません。(私が日本に帰ってからは、監視する人もいないので分かりませんが…)あんまり良くない噂も聞くアヤさんですが、私の身近な友人も、仲良くやっている家庭が多いように思います。当たり外れなんでしょうけどね。

子どもが生まれてからの生活が想像つきませんが、きっと色々と助けてもらえるんじゃないかと期待しています(*゚∀゚)=3 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

他のバンコク情報・駐在妻ブログはこちらのボタンからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ