ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

日本で里帰り出産をして良かったこと①

スポンサーリンク

少し前に、バンコクで妊婦生活を送って良かったことについて書いてみました。

今度は、日本で里帰り出産をして良かったことを書いていきたいと思います。 

スポンサーリンク

 

 

駅の改札がすぐに閉まらない

f:id:pukuko15:20161110141554j:plain

これ、案外切実!(A;´・д・)ゞ

タイに住んでる方なら分かっていただけると思うんですが、タイの電車の改札って扉がすぐに閉まってしまうんです。気をつけないと扉がお腹に直撃!けっこうヒヤヒヤものです。
なので、妊娠してからはお腹に手をあてて改札を通っていました。それでも一度ぶつかってしまったんですけどね。打ちどころがよかった(?)のか、お腹直撃は避けられ、股関節直撃。いやーかなり痛かった…。
日本の改札は、閉まるまでに余裕があって安心でした。(←当たり前)

 

無料サンプルを大量に貰える 

f:id:pukuko15:20161110142519j:plain

日本は赤ちゃん向けの無料サンプルを大量にもらうことが出来ます!

アカチャンホンポやトイザらスでの会員登録で、オムツや母乳パッドのサンプルを貰えましたし、各企業のサンプル申込でも、ベビー用石鹸や粉ミルク、保湿クリームを貰いました。それに味をしめて、片っ端からサンプルプレゼントがあれば応募して、肌着やガーゼタオル、おむつポーチ、ベビー用絵本などを無料でもらうことができました\(^o^)/

その代わり子ども関係のDMがめっちゃ届くけど…。

そういえば、候補の名前の字画を見てくれたり、名字と相性のいい名前をピックアップしてくれた「オーダーメイド名付けブック」なるものも無料でした。これは名前をつけるのにとっても役立ちました!こんなものまで無料ってすごすぎます!

f:id:pukuko15:20161110171812j:plain

 

ネットで気軽に買物ができる

産前産後と、かなーりAmazon様にお世話になりました。

特に産後は、外出がほとんどできない状態だったので、何か買いたいときにはすぐポチッとやってました。タイでも比較的何でも手に入るとは思うんですが、レビューを見ながら色々比較検討して買い物でき、翌日には自宅に届くのは、日本にいたからこそかなと思います。

プライム価格でかなり割安になっているものも多く、プライム会員になっていて良かったです。

 

親族に我が子をお披露目できる

f:id:pukuko15:20161110144736j:plain

赤ちゃんが産まれたら、まず喜んでくれるのが家族、親戚たち。ただ、住んでいるところがバラバラなので普段は頻繁には会えません。もしタイで産んでたら、一時帰国の短期間のうちに会えたかどうかは分からないので、産後3ヶ月ほど日本にいる時間があるのは有り難い。無事に我が子をお披露目できそうですヾ(´∀`)ノ 

 

久しぶりの友人に会える

f:id:pukuko15:20161110145907j:plain

産前だけでも約2ヶ月と自由な時間があったので、とにかく遊びまくりました。幸いにも、ここ数年出産ラッシュが続いたことにより、育休中の友人も多く、平日でも暇人の相手をしてくれる友人がいたのは有り難かったです。(妊活中は、あんなに出産ラッシュが嫌だったくせに…勝手なものです。)

また、ちょうと里帰りした時期がお盆の帰省の時期と被ったこともあり、数年ぶりの地元の友人に会う機会も多かったです。多分、ずっと日本にいれば会うことはなかった友人でも、「普段はタイ」×「出産」という特別感により「久しぶりに会おうよ」という流れになったんだと思います。 

 

出産祝いを貰いやすい

f:id:pukuko15:20161110144158j:plain

いやー、やらしい話ですいません(笑)親戚や友達にもたくさん会えた分、出産祝いもたくさんいただきました。タイまでお祝いを送ってくれる人なんて私の周囲にはいないので、日本で会えたからやなあと思っております。

その②へ続きます〜! 

pukuko15.hatenablog.com

※ 2016年7月10日現在:1バーツ=約2.8円