ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

【タイ国内旅行-チェンライ④】チェンライのおすすめレストランと野外ミュージアム・バーンダム(黒い家)

スポンサーリンク

ワットロンクン(白い寺)の次はバーンダム(黒い家)へ!ちょうど、12時〜13時は昼休憩でバーンダムも見れないので、お昼ご飯を食べることにしました。

スポンサーリンク

 

 

 チェンライのおすすめレストラン

タクシーのおじさんに、「おすすめのレストランある?」って聞いたら連れてきてくれたのが、このお店。全然期待してなかったのに、思いのほか良かったのでオススメします。

LuLum(ルーラム)

f:id:pukuko15:20160527003357j:plain

とりあえずお店の看板だけ写真に撮っておいて、今改めて調べてみたら、トリップアドバイザーのチェンライのレストランランキングで11位に入ってました。そんなに有名なお店だったのね。タクシーのおじさんグッジョブ₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎

場所は、ちょうどコック川の南側にあります。

何が良いって、このロケーション!

f:id:pukuko15:20160527003641j:plain

どーーん。

このコック川の景色を眺めながら食事をすることができるのです!!予約もなしに入りましたが、ラッキーなことに川沿いの席をゲットすることができました!

f:id:pukuko15:20160527003814j:plain

f:id:pukuko15:20160527003829j:plain

食事はチェンライ料理が中心で、もちろんよく見かけるタイ料理もあります。写真のスープは名前を忘れてしまいましたが、トムヤムクンとはまた違う味で、なかなか美味でした。お値段も、このロケーションの割にはそこまで高くなく良心的です。

きっと、夕日を眺めながらの食事も素敵そうですね!

店舗詳細

LuLum(ルーラム)
住所:188/8 หมู่ที่ 20 ถ.แควหวาย ต.รอบเวียง อ.เมือง、เชียงราย、Chiang Rai 57000、タイ
電話:053-748-223
営業時間:10:30 - 22:30
HPhttp://lulumchiangrai.com/

 

バーンダムとは

食事の後は、いざバーンダムへ!

バーンダム(黒い家)とは・・・

タイを代表するチェンライ出身のアーティスト、タワン・ダッチャニー氏による私設ミュージアム。広い敷地には精緻な木彫による装飾が施された、大小約40棟のラーンナー式様式の「黒い家」が点在しており、象やシカ、水牛など、さまざまな動物の骨や皮革などが印象的に展示されている。(地球の歩き方より)

こちらもワットロンクンと同じく、未完成なんだそう!タイの完成してなくてもソフトオープンをしてしまう文化は、こういうところでも表れているのでしょうか。

 

バーンダム行き方

安く行くのであれば、バスターミナルでメーサーイ行きのバスに乗って途中下車して行くことができます。ただ、ミュージアムへ入っていく道が分かりづらいので、トゥクトゥクかタクシーで直接連れて行ってもらった方が迷わず行けるかと思います。

一応、公式サイトに地図があったので貼っておきます。チェンライ市街地からは車で約15分〜20分といったところでしょうか。

www.thawan-duchanee.com

ちなみに私たちはタクシーで行きました。その他の観光地なども周ってもらうようにチャーターしました。楽チンでおすすめです!

pukuko15.hatenablog.com

 

バーンダム見どころ

こちらは寺院ではありません。あくまで博物館です。ちなみに、こちらも入場料は無料。チェンライの観光地はお財布に優しいですね。

f:id:pukuko15:20160527010550j:plain

午前中に白い寺を見ていたので、そのギャップがすごい。

f:id:pukuko15:20160527010655j:plain

入り口すぐの建物の中。手前のコップで水をすくい、中央の黒い象にかけてお祈りをするようです。見よう見まねでやってみる。

f:id:pukuko15:20160527010804j:plain

こういう動物の骨や皮の展示がいっぱい。

f:id:pukuko15:20160527010838j:plain

なぜかギターを弾いている人も。こういうところが寺院とは違いますね。なんか自由!

f:id:pukuko15:20160527010933j:plain

こういう黒い建物や、モチーフが至る所に点在しています。

f:id:pukuko15:20160527011319j:plain

これらはまだ家の形をしているから分かりますけどね。

f:id:pukuko15:20160527011041j:plain

これとか、もはや家じゃないし。豚?

f:id:pukuko15:20160527011139j:plain

ワットロンクンの石の装飾も見事でしたが、木彫りの装飾もまた違う味わいがあります。

f:id:pukuko15:20160527011240j:plain

こ、細かい…!

f:id:pukuko15:20160527011343j:plain

お約束の何のモチーフなんやねんってやつ。やっぱり豚?

f:id:pukuko15:20160527011117j:plain

いや、こういうの嫌いじゃないけどね。

f:id:pukuko15:20160527011447j:plain

なぜか気になってしまう顔。

f:id:pukuko15:20160527011523j:plain

フクロウも。これは本物です。人形みたいですね。

f:id:pukuko15:20160527011557j:plain

白鳥と黒鳥が追いかけっこしていました。ブラックスワン、初めて見ました!

f:id:pukuko15:20160527011639j:plain

見どころは多いですが、何しろ野外で暑いのが難点。

f:id:pukuko15:20160527011710j:plain

疲れたら、ミュージアム入り口にカフェがあります。

f:id:pukuko15:20160527010418j:plain

これが割とオシャレなカフェでよかったです。土日の割にすんなり座れました。

 

チェンライ旅行まとめ

この後、空港まで行ってもらってチェンライの旅は終了です! 

そこまで大きな街ではありませんし、観光する場所が多い訳ではないので、駆け足で巡るのであれば1泊2日で十分かと思います。でも、こののんびりとした雰囲気を存分に味わいたいのであれば、もう1泊あっても良いかと。

自転車を借りてサイクリングなどもできるので、もう少し涼しい季節であれば、それで観光地を巡ってみるのも良さそうですね!

◆チェンライ旅行記まとめ◆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

他のバンコク情報・駐在妻ブログはこちらのボタンからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ