ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

今日からJリーグ開幕!地元にスポーツチームのある幸せ。

スポンサーリンク

今日からサッカーJリーグが開幕されました!

タイ在住ではありますが、ガンバ大阪サポなので、今年も頑張って応援していくつもりです。一時帰国時に吹田の新スタジアムにも応援に行く予定。今年は、Jリーグ優勝カップを奪還してほしい!

スポンサーリンク

 

 


Jリーグを見に行くようになったきっかけ 

なんて、喜々として語っていますが、私がガンバ大阪サポになったのは2年前。

ちょうど、J2から1年でJ1復帰を果たした年です。ですので、まだまだ新参者サポーターです。そもそも、タイに赴任になってしまったので、スタジアムに通ったのも、たった1年ですしね。

それまでの私にとって、サッカーといえば日本代表戦くらいしか興味のない、完全ににわかファンでした。私の周りで、プロ野球開幕や、ワールドカップ予選開始の話題は出ても、Jリーグ開幕の話題なんて、出たことがありません。以前よりサッカー人気が上がっていると言っても、そんなものです。

そんな私がサッカーを好きになったのは、漫画「ジャイアントキリング」の影響です。今までも、たくさんのサッカー漫画を読んできましたが、実際にスタジアムに応援に行きたい!と思わせてくれたのは、「ジャイキリ」のおかげ。 

もし、友人をJリーグ観戦に連れて行きたいのであれば、ジャイキリを読ませれば効果抜群かもしれません笑

旦那氏も一緒に読んでいたので、2人して「Jリーグ見たい熱」が急上昇。で、「Jリーグを見に行きたい!」となったら、次は「どこのチームの試合を見に行くか」となります。

そのとき候補に挙がったのが「ガンバ大阪」「セレッソ大阪」「ヴィッセル神戸」でした。幸いなことに、すべてのクラブチームのスタジアムが、自宅から1時間以内で行くことができました。
ちょうど「セレッソ女子」なるものが巷で流行っていて、有名選手もいたので「セレッソにしとく?」なんて話も出ましたが、結果として「ガンバ大阪」の試合を見に行くことになりました。ちょうど会社の先輩にガンバ大阪サポの人がいて、チケットを取ってくれると言ってくれたのです。

f:id:pukuko15:20160227174619j:plain

初めて試合を見に行ったときは、今までのイメージと全然違っていて衝撃でした。まずスタジアムの周りは、たくさんの食べ物屋さんの屋台で賑わっていてお祭りのようでした。そこから俄然テンションが上がります。

スタジアムに入ってみると、テレビで見るの比べてピッチがめっちゃ近い!サポーターの皆で声をあわせて歌って選手を盛り上げる。選手も最高の試合を間近で見せてくれる。私は、すっかりガンバ大阪の、そしてJリーグ観戦の虜になってしまったのです。

そこから、時間があればスタジアムに応援に行き、サッカー雑誌も読み漁りました。ガンバ大阪は、この年、シーズン後半にものすごい活躍を見せて、優勝した年ですので、余計に面白かったのかもしれません。でも、やっぱりすぐ近くに見に行って応援できるチームがあるというのは、とても面白いものだなあと思いました。

というのも、民放でJリーグの試合が放映されることは、まずありません。スカパーに入っていれば見れますが、一般の家庭にはなかなかありませんよね。 そうなると、サッカーを見たければ、スタジアムに応援しに行くしかないんですよね。

毎週末が楽しみになり、試合結果に一喜一憂して、応援してるチームから日本代表選手が選ばれると、我がごとのように嬉しくなる。こんなに楽しいことはありません。

地元に応援できるチームがある 

自分にとって当たり前だったそんなことが、改めて幸せなんだと気づいたのは、先日テレビで「鹿児島ユナイテッドFC」のJ3リーグ加盟の特集を見たからです。

「鹿児島ユナイテッドFC」は、鹿児島初・全国53番目のJクラブとして、2016年にスタートを切りました。地元の方は、「Jクラブができたおかげで、鹿児島のサッカーファンが巡り合うことができた」と喜ばれていました。

「そうか、地元にサッカーチームがあるって、当たり前じゃなかったんだ」
って、これを見て改めて気づかされました。

今では、日本の全47都道府県のうち、38都道府県に53のサッカーチームがあります。Jリーグ100年構想クラブを含めれば、40都道府県60チーム。すぐに応援に行ける場所に、サッカーチームがあるのです。こんな競技は、日本においてプロリーグのあるものではサッカーしかありません。

サッカーでは、地元の応援がそのままチームの力になります。(まあ、どのスポーツでもそうですが。)特に下部チームでは顕著です。入場料やグッズ売上などの収益が、そのまま選手の年棒や移籍金につながります。つまり、地元の方が、応援に行けば行くほど、収益が上がり、良い選手を引き入れることができるのです。そう考えると、AKBの総選挙と似てる部分もありますね。

少しでも興味があれば応援に行ってみよう

人間って何か夢中になって応援できるものがあると、人生が楽しくなると思うんです。それがAKBでもサッカーでもなんでもいいんですけど。生活にハリが出てきます。

応援するときに、何か自分との共通点があると入り込みやすい気がします。日本人だったらオリンピックで日本代表を応援するように、地元に縁のあるチームを応援したくなるのが人情というもの。特にサッカーってユースがあるので、野球よりも、そのチームに地元人がいる確率って高いんですよね。そうなると余計に親しみが湧いてきます。

もし、少しでも興味があれば、ぜひスタジアムに足を運んでみてください。サポーターみんなで地元チームを応援するのは、サッカーの面白さを直に感じることができて、とっても興奮しますよ!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

他のバンコク情報・駐在妻ブログはこちらのボタンからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ