ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

海外在住者の方!Kindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)がマジで便利です!

スポンサーリンク

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

記事公開日:2016年2月2日 記事更新日:2016年11月27日

年末の一時帰国時に購入したKindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)。

まだ購入して1か月ですが、すっかり私の生活に入り込んでいます。なんで早く買わなかったんだろう。海外に住む本好きな人なら、絶対1つは持っておくべきですね。今日は、そんなKindleの魅力を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

Kindleとは

f:id:pukuko15:20161127105824p:plain

Kindleは、上記の通り5種類あります。(2016年11月現在)

色々調べた結果、Kindle Paperwhiteが一番コスパが良さそうだったので、迷わずこれを買うことにしました。

ちなみに、Amazonプライム会員になれば4,000円割引で買うことができるので、Kindleを買うなら会員登録は必須です。 

 

Kindleケース

読者様のコメントによると、画面の保護シートはいらないけど、カバーはあった方がいいと教えてもらったので、カバーも買いました。正規のカバーは高かったので、こちらの商品を購入。 

 

これが2,000円以下という値段のわりに、全く問題なく使えています。カラーも選べますが、私はバラ色を選びました。商品写真のイメージ通りの色で気に入っています。また、ちゃんと蓋を閉じればスリープモードになります。

他の商品を使ってないので比較できませんが、1,680円(私の購入価格)と安価な割に使い勝手はよく、満足しています。

 

使い心地

軽い!

まず何といっても軽い!今まで外出の際には文庫本を持ち歩いていましたが、それよりもはるかに軽いです。寝っ転びながら本を読むときも、全然疲れません。

思っていたより小さくて、かばんにスッポリ入ります。分かりづらいですが、コーヒーシュガーと比べてみています。

f:id:pukuko15:20160130223125j:plain

 

目が疲れない!

スマホの光は刺激が強いので、寝る前に使っていたら目がチカチカして眠れなくなりますよね?Kindleは光が目に優しいので、寝る前に読んでいたら、ちゃんと眠くなるんです。

また、通常の本だと暗いところでは読めないので部屋の電気を点けて読むことになり、眠くなったときに電気のスイッチを消しに行かないといけません。Kindleは暗い場所でも読めるので、眠くなったらカバーを閉じるだけです。明るさも、場所にあわせて細かく設定することができます。

 

本が安く買える!

これが海外在住者におすすめしたい一番の魅力。バンコクでも紀伊国屋書店や東京堂書店で日本の本を購入することができますが、どうしても割高になります。詳細はこちら。 

pukuko15.hatenablog.com

でも、Kindleであれば日本の本屋で買うのと同じ値段、またはそれよりも安い金額で、お目当ての本を購入することができます。例えば、こちらの『下町ロケット2』

 

通常の単行本は、1,620円ですが、Kindleだと1,458円。しかもこれを購入すると291円分のポイントが貯まるんです。次の本購入時に使えますから、実質1,167円。(2016年2月1日現在) その他にも、ちょくちょくセールがあるので、かなりお得です。

 

電池がめっちゃもつ!

一回の充電で数週間もつって書いてあったんですが、本当にその通り。1月初めに充電をしてから、ほぼ毎日使用しているにも関わらず、2月はじめの今日まで一度も充電せしないまま、今でも使えています。

 

あと何分で読め終えるかが分かる

f:id:pukuko15:20160130223633j:image

写真の小説は、まだ読み始めたばかりなんですけど、読み終えるまでの時間を表示してくれます。おそらく今までの読んでる速度を計算してるんだと思います。

序盤は「章を読み終えるまで」ですが、終盤になってくると、「本を読み終えるまで」が出てきます。それが出てくると、なんかもったいない気がして、ゆっくり読んでしまう不思議な性。

 

文字の大きさが調整できる

これも地味に嬉しい機能。老眼の母親に買ってあげたいくらいです。その他、行間や余白、明朝体かゴシック体も選べることができます。

 

続きからすぐ読むことができる

読書をいったん中断し、また読もうとしたときに、すぐに前に読んでいた画面に戻ることができます。もちろん、紙の本でもしおりを挟んでいればいいんですが、しおりが取れてしまったりすると、「あれ?どこまで読んだっけ?」ってなるんですよ。そういうことが全くないから快適です。

 

漫画は読みづらい

残念ながら、漫画はけっこう読みづらいです。読んでると酔ってきちゃいそう。漫画を読むのをメインに使おうと思ってたので、これはなかなか残念な事実Σ( ̄ロ ̄lll) 

とはいえ、iPhoneやiPadにKindleアプリを落として読めば、問題ありません。正直、漫画の読みやすさはiPhoneが一番です。でも小説を読むには疲れるので、Kindle端末はやっぱり必要です。

※ 2016年11月現在、マンガモデルが出ています。

 

家族や友人間で本の貸し借りができない

今まで「この本面白いよ!」って友人に貸すことが多かったので、それが出来ないのはちょっとだけ残念。AmazonのIDを教えればできるんですけどね。それはちょっと難しいですよね。

 

まとめ

とにかく安く本が買える!っていうところが海外在住者に向けての一番のおすすめポイントです。読書生活がこんなに快適になるなんて思ってもみませんでした。

もちろん本屋で購入するのも変わらず大好きです。漫画は手元に置いておきたい派なので、必ず本屋で買っています。

Amazonプライム会員になれば、毎月1冊、オーナーライブラリー(約2万冊)の本が無料になりますし、Kindle端末自体も4,000円引きですし、Kindleを買うなら登録必須ですよー! 

 ほんと早く買っておけばよかったです。