ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

『AKB49 恋愛禁止条例』をアプリで全話一気読みしてみたら超熱い神漫画だった

スポンサーリンク

週刊少年マガジンの漫画が読める無料アプリで、ちょうどこの間、『AKB49 恋愛禁止条例』の全話一気読みキャンペーンをやってたんです。(今はもう終了しています。)
無料期間が短くて2日間しかなかったので、この前の日・月を使って、なんとか全262話読み終えました。

元々マガジンでも読んでいたんですが、タイに来たりで途切れ途切れになってたんですよね。改めて全話読み返してみると、最終回近くの展開が超熱くてすっごく面白かったです!その魅力を、なるべくネタバレなしで紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

『AKB49 恋愛禁止条例』とは 

AKB49?恋愛禁止条例?(1) (週刊少年マガジンコミックス)

あらすじ
主人公・浦山実は同級生の吉永寛子に好意を持っている。寛子はAKB48に入るためにオーディションを受けるという。引っ込み思案の吉永をフォローするため、浦山実は女装をし、「浦川みのり」と名前を変え、AKB48のオーディションを受けることに。すると、寛子とともに見事合格。AKB48加入後も、実は「みのり」として、寛子をトップアイドルにすべく、厳しい練習や試練に立ち向かっていく…。 

というのが大まかなあらすじです。男がAKBに!?ってどう考えても無理があるだろうと思うんですが、まあそこは漫画だからということで。みのりは計4年間AKBに在籍します。共同生活もしてるし、絶対どこかでバレそうなんですけどねw

でも、男のはずなんですけど、不思議とかわいく見えるんです。

f:id:pukuko15:20160127191923p:plain

ねっ?かわいくないですか?笑

実在するAKBメンバーが出てくる

主要メンバーとして、前田敦子とか大島優子、高橋みなみ(敬称略)が普通に出てきます。もちろんその他のメンバーもSKEやNMB、HKTも含めてたくさん。
ファンの人なら、私以上に楽しめるんじゃないでしょうか。もしかしたら、自分の推しメンはこんなんじゃない!って思っちゃう人もいるのかもしれませんね。正直、似顔絵は似てませんw 
下の表紙はまゆゆですが、どうでしょう。

AKB49~恋愛禁止条例~(3) (講談社コミックス)

あと、設定の下地がAKBなので、総選挙なんかのイベントも出てきます。f:id:pukuko15:20160127180924p:plain
この総選挙で、みのりか寛子が神8に入れたら寛子センターの曲を描いてもらう、という約束を秋元康に取りつけ、そこを目指してみのりは奮闘していきます。
最後の総選挙で、先輩たちを追い抜いていく様を、バトル漫画のように描いた描写が新鮮でした。最初にマガジンで読んだとき、漫画間違えたか!?ってビックリしたくらいです。

f:id:pukuko15:20160127181347j:plain

上のページで戦っているのは大島優子。右下のコマは秋元康ですね。

キャラが魅力的

この漫画、実在するメンバーを探すのも面白いんですが、オリジナルキャラも魅力的です。

まず、主人公のみのりがカッコいい。どんなに困難なことがあっても、想いの強さで乗り越えていきます。人を惹きつける不思議な魅力のある人。自分だけでなく、他のメンバーも巻き込んでいくのがいい。おそらく、他のメンバーと違って、自分自身が目立つことは望んでいなくて、あくまで「寛子のため」というところに、チームに対しての献身さとか一生懸命さがあるのかもしれません。f:id:pukuko15:20160127181846p:plain

寛子もかわいいです。最初は引っ込み思案すぎてイライラするんですけど、人の倍以上努力をすることで自分の苦手を克服して、どんどん強くなっていきます。

f:id:pukuko15:20160127190236p:plain

あとやっぱり外せないのは、アリス(有栖莉空)でしょうか。 

AKB49?恋愛禁止条例?(25) (週刊少年マガジンコミックス)

彼女、実は病気にかかっています。それでもみのりに憧れてAKB48に加入。男だということにもすぐ気づきますが、メンバーには黙っててくれて、さりげなくみのりをフォローしてくれます。途中で色々あって、AKB48を脱退するんですが、最終回近くで重要な役回りで再登場。もうね、この再登場してみのりを助ける姿に、泣けてきました。f:id:pukuko15:20160127182748p:plain

最終回近くの展開が神

※ 少しだけネタバレあります

『AKB49』では、AKB48の実際の曲がタイトルになっていることも多いです。特に最終回近くでは、ほぼ全てのタイトルが、そのシーンにピッタリの楽曲になっていました。私がまず感動したのは「会いたかった」。

f:id:pukuko15:20160127183601j:plain

男だということがバレてしまい、卒業公演をすっぽかして、ビルの屋上にいた実。そこに、寛子が迎えにきます。いくら説得しても頑なに断る実に対して、寛子が歌ったのがこの曲。歌詞が、見事にリンクしていて、ストーリーを盛り上げました。

あと圧巻だったのは、卒業公演の様子を描いた「初日」。なんとこの回、セリフが一切ありません。その代わり、各コマにAKB48の「初日」という曲の歌詞があてられていました。こんな表現方法、スラムダンク以来の衝撃です。でも、絵と歌詞だけで描かれたそのページから、本当に音が聞こえてくるような、見事な回でした。

初日 AKB48 - 歌詞タイム

この「会いたかった」と「初日」の回を見てほしいがために、この記事を書いているようなものです。 最初から読んでいると、無条件に感動しますよ。

あと、下の考察記事で衝撃の事実が判明。

yamakamu.com

冒頭のプロローグで、こんな描写がありました。f:id:pukuko15:20160127185413p:plain

この「伝説の49人目、神に推されたメンバー」がいたと書かれているんですが、私はこの考察を読むまで、ずっと浦川みのりのことだと思っていました。
が、違っていました!
この神に推されたメンバーは吉永寛子のことだったのです!!
で、この寛子を推す神がみのりなのだと。

そう解釈して読むと、確かに最終回でそんな描写がありました。きっと作者は、この最終回を想定して1話目から描いてたんでしょうね。あっちゃんや、ゆうこ等の主要メンバーが卒業しちゃう事態は、想定外だったのかなと思いますが。

まとめ

私は、AKBのファンという訳ではありませんが、それとは切り離して面白かったですし、感動しました。読んだことのない方、是非読んでみてください! 

ちなみに、このアプリ自体も神です。マガジン連載中の漫画が1か月遅れで無料配信されます。(はじめの一歩以外)昔の人気漫画のリプレイ連載もやっています。その他、ちょくちょくキャンペーンをやっていて、今なら「アクマゲーム」「風花」「神さまの言うとおり弐」を1巻分無料で読むことができます。