読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

バンコクは日本語書籍を取り扱う古本屋も豊富!各店舗の特徴を紹介します!

スポンサーリンク

前回、古本屋で本を売ってみた話を書いてみました。

pukuko15.hatenablog.com

ちなみに、バンコクには古本屋がたくさんあります。それぞれのお店で特徴が少しずつ違うんですよね。思いっきり私の独断と偏見ですが、ちょろっと特徴を紹介してみたいと思います!

バンコクの古本屋

古本屋があるのは、プロンポン駅北側界隈。これだけ同じ駅に作るなら、他の駅に分けたらいいのにと思いますが、やはり日本人の多いエリアだから利用者が見込めるんですかね。

f:id:pukuko15:20151201192138j:plain

まず一つ目は、前回本を売りに行ったお店。

① KEY BOOKS(キーブックス)

f:id:pukuko15:20151201191721j:plain

f:id:pukuko15:20151201191726j:plain

フジスーパーの前なので、利用される方も多いんじゃないでしょうか。まだオープンして2年ちょっとなので、店内も明るくて綺麗です。

本棚がちゃんと作家ごとに整理されて並んでいて、とっても見やすいのが特徴です。売れ筋だからといって、同じ本を3冊以上並べて置いていないのがすごい。 売れたら在庫から補充するシステムをとっているようです。(個人的に、同じ本がダラダラと書棚を占領してるのが好きじゃない)

漫画は、全巻セット売りでパック包装されているものも。

状態が綺麗だからか、値段はちょっと高め。文庫本で90~110バーツ(約300~380円)。もちろん状態が悪ければ、もうちょっと安いものもあります。入口でやってるセール本だと20バーツ~(約70円)です。

② SUN BOOKS(サンブックス)1号店

f:id:pukuko15:20151201192341j:plain

ソイ39の入口に近く、店の前は多くの人が行きかっています。

キーブックスとは違って雑多な印象。戸棚に入りきらない本は、通路に積んであるんですが、それもいっぱいいっぱい。一度、戸棚にはなくて、積みあがってる 方からお目当ての本を見つけたとき、宝探しのようでテンション上がりました!私、このお店の書棚整理のアルバイトがしたい…。

状態の良いものも悪いものも手当たり次第に置いてるので、安さを求めるならオススメです。そこそこ綺麗な本が60~90バーツくらい(約200~300円)。

あと、店の入り口にある雑誌の種類が豊富。新しいものも多いので、つい読みたくなります。売る本が50冊以上なら自宅まで買取に来てくれます。

③ SUN BOOKS(エリートサンブックス)2号店

f:id:pukuko15:20151201192422j:plain

ソイ33のヴィラマーケットの手前にあります。こちらは、1号店よりも本がスッキリと並んでいます。

一番の特徴としては、洋書の取り扱いがあることです。って私は洋書なんて縁が薄いので、その戸棚に近寄ったこともありませんが。ガイドブックも品数が豊 富。ちょっと古い版のものも多いですが、例えば遺跡巡りをメインとする旅なら、多少古くても使えるかと。辞書も多いですね。店内奥に、20バーツ~(約 70円)の格安コーナーがあります。

まとめ

欲しい本があったときに、3か所巡ってなければ紀伊国屋に買いに行ったりしてます。全部プロンポン駅北側なんですよね。なんと便利!

昔から古本屋さんが大好きで、何時間も居座ってました。だから、タイで日本の古本屋さんがあるのは本当に嬉しいです!もし違う国に駐在になったら、タイとのギャップに死んでしまうのではないかと危惧しております…(´д`lll)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

こんな記事がよく読まれています

バンコクでは売ってないもの・見かけないもの10選。
駐在妻が勝ち組なんて幻想だと思う。駐在妻の背負うリスク。
海外在住者こそAmazonプライムの会員になるべきだと思う。
海外からプライムビデオ・Hulu・TVer・Gyao等を見る方法。
海外在住者の方!Kindle Paperwhiteがマジで便利です!