ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

新米駐在妻、悩む。友達作りってむずかしい。

スポンサーリンク

f:id:pukuko15:20160107192120j:plain

バンコクに来る前は、ちょっとワクワクしている部分もありました。タイ語を習って〜新しい友だちを作って〜なんて、1から生活がスタートする感じ。

前職が営業だったこともあり、初対面の人と話すのも苦痛ではないですし。

ただ、その「友達作り」が案外難しいということを、バンコクに来て改めて知ることになりました。

  

知り合いは増えていくけど

タイ語学校に行ったり、習い事に行ったりすると、知り合いはたくさん増えていくんです。日本では手間取っていたLINE交換もお手の物。すぐにQRコードを出せるようになりました。

でも、そこから一歩踏み込んで、「友達」となると難しい。

学校帰りにランチとかお茶をしても、大勢だと当たり障りない話で終わるじゃないですか。それが何度か続いても、自分の中で「友達ができた」って感覚がないんですよね。

 

そもそも集団行動が苦手

そもそもネクラっ子の私は、どうも集団行動が苦手。

そこまで仲良くない人たちと、「◯◯ツアー」とかこつけて、大勢で買い物に行ったりするのが好きじゃないんです。こっちに来たら、けっこう「木タラツアー」とか「スーパーウェアセールツアー」とかって、大勢で行ってる人を見かけますが。それだったら一人で行っちゃいます。

大勢よりは、2,3人で話す方が距離が縮まって好き。

でも、そうやって人とつるまずにいると、いつの間にか周りが仲良くなってて、それはそれで寂しさを感じてしまったり(;´∀`) (ああ、自分ってほんと面倒くさい人間だなと書いてて思ってきました…。)

あとは、年齢も今まで生きてきた背景も皆バラバラっていうのも大きいかもしれません。

私は子供がいないので、なんとなく子供有りの方と仲良くなるスピードの差を感じちゃいます。学校がどうの、習い事がどうのって、色々と情報交換しているうちに、距離が縮まっていくが傍目から見てても分かるんです。もちろん、私が勝手に思っちゃってるだけなんですけど。

通ってるタイ語学校は、けっこう子供有りの方が多くて、子供有り同士で話が盛り上がって仲良くなってるのがいいなーと思って見てたりします。

かといって、子供いない同士で仲良くなるかというと、そうでもなかったりして、「あれ?友達作るのってこんなに難しかったっけ?」って、落ち込んでしまいました。

 

心のシャッターがおりてしまった

そうこうしているうちに、なんだか人と話すのが億劫になってしまって。自分の中のシャッターがおりるというか、学校が終わっても、誰とも話さずそそくさと帰ってしまうという、完全にダメな状態でした。

関西弁が恋しい!

なんにも気を使わずに話せる友達が恋しい!!


って爆発しちゃって、思わず日本の友達に連絡をとってしまったり。そこで色々話しているうちに、友達から言われた言葉にハッとしました。

「だいたい人の価値観って25歳位までで決まるから、そこから新しい友達を作るのって難しいよ。めっちゃ気の合う友達を作るのって、簡単なことじゃないよ。」

なるほどー。

確かに日本にいるときは、新しい友達って何年も出来てなかったかも。

私の友達というと、小中高のクラスメイトや大学のゼミやサークル仲間、新卒で入った会社の同期といったように、「何かを共有してきた友達」ばかり。

一緒に価値観を作ってきたから、気を使わず話せるんですよね。

 

まとめ

まっさらなところから、新しく友達を作るって久しくなかった経験。新しいことに挑戦してるんやから、難しいのは当たり前。

とはいえ、せっかく「慣れない海外で暮らす」という共有できることがあるんやから、シャッターを閉じてしまうのはもったいない。自分のペースで新しい友達作り、頑張っていきたいなと思う今日この頃なのでした。