読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

バンコクでiphoneのSIMロックを解除しにいこう@MBK

生活情報 生活情報-通信

スポンサーリンク

 タイについたら、翌日すぐにしたこと。

それは、iphoneのSIMロックを解除すること!!
で、新たにSIMカードをセットすること!!

どこでするのか?MBK(マーブンクロン・センター)です!!

※MBKセンターとは、BTSナショナル・スタジアム(National Stadium、タイ語:サナームキラーヘンチャート)駅が最寄りの、地上8階建の巨大なショッピングモールのことである。

f:id:pukuko15:20151130202106j:plain

駅から出るとすぐにMBKが見えてきます。隣には、日本系列の東急百貨店も。

f:id:pukuko15:20151130202135j:plain

駅直結の入口(2階)からエスカレーターで4階へ。そこには、携帯電話関係のお店がひしめきあう、雑多な空間(電脳街)が広がっています。

f:id:pukuko15:20151130202200j:plain

f:id:pukuko15:20151130202320j:plain

私が今回利用したのは、「CyberPhone(サイバーフォン)」というお店。電脳街の奥の方にあるお店です。「iphone unlock」と看板に書いてありました。

f:id:pukuko15:20151130202343j:plain

ちなみに私、英語もタイ語も全然話せません。なので、お店の人に話しかけるだけで緊張…。

私「アイフォンシムアンロックプリーズ」
店「オッケー。ジャパニーズ?エーユー?ソフトバンク?」
私「(なんでそんなこと聞くんやろ?)ジャパン!ソフトバンク!」

後で調べたところによると、タイでもauだけはSIMロックの解除ができないらしいです。

店「オッケー。セッティング?」
私「セッティング・・・?(なんかスマホをいじってるのを見て)ああ、設定!ヒア!」
店「(たしか「一般」→「情報」を見ていたような。)オッケー!ダイジョーブ!10ミニッツ!」
私「10分でできるんやー。早いなー。ハウマッチ?」
店「(電卓を叩いて)800バーツ」
私「オッケー」
…みたいなやりとりをして、ロックを解除してもらいました。

待ってる間に、
店「ニューSIMカード?」
私「オー!アイニード!ヒア(で買えるの?)」
って言ったら、たくさんSIMカードを出してくれました。

ここではtruemoveというキャリアのSIMを取り扱っているみたい。
タイの3大キャリアのうちの1つということは知っていたので、そのままこの店で買うことに。タイの3大キャリアはtruemoveAISDtacです。番号も選べるみたいですが、こだわりもないので適当に選択。

f:id:pukuko15:20151130202424j:plain

で、料金プランをどうするか聞かれたけど(多分)、英語がよく分からなすぎて、「プリペイド!チャージプラン!」と言っておきました。たしか、いくら分かのデータ通信と通話料付のSIMカードを500バーツ位で購入しました。(それも説明してくれたけど、英語が分からず撃沈・・・)
SIMカード購入時には、パスポートか免許証(日本のでOK)の提示が必要でした。あと、iOSのバージョンアップをすると動作がおかしくなる事があるようなので注意が必要です。SIMカードは携帯電話会社やスーパー、コンビニでも購入可能です。
そんなこんなで、無事に(?)タイで使えるスマホをゲットしたのでしたヘ(゚∀゚*)ノ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

こんな記事がよく読まれています

バンコクでは売ってないもの・見かけないもの10選。
駐在妻が勝ち組なんて幻想だと思う。駐在妻の背負うリスク。
海外在住者こそAmazonプライムの会員になるべきだと思う。
海外からプライムビデオ・Hulu・TVer・Gyao等を見る方法。
海外在住者の方!Kindle Paperwhiteがマジで便利です!