ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

【バンコク渡航準備】元不動産屋が教える!海外赴任時、日本の持家は売るべき?残すべき?

スポンサーリンク

 f:id:pukuko15:20160107131309j:plain

バンコクでの家が決まったら、日本の家の処分について考えてみます。

私の場合、日本の家は持家だったので、選択肢は売却賃貸そのまま残しておくかという3つの選択肢がありました。これは、なかなか悩む選択ですよね。

実は元不動産営業マンだった私。それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

売却の場合 

メリット

  • 売却代金で住宅ローンを返済してしまうので、渡航後に余計な出費が不要。
  • 気持ち的にスッキリ!
  • 帰国して家が欲しかったら、また買えばいい。

デメリット

  • 思い出の詰まった自宅を売るのは名残惜しい。
  • (本/一時)帰国時に帰る家がない。 

 

賃貸の場合 

メリット

  • 赴任後の本帰国時、帰る家がある。(ただしタイミングよく借主さんが出ていかないと、別の賃貸住宅を借りる必要がある。貸主が自由に借主さんを追い出すことはできません。)
  • 賃貸収入がある。
  • 賃貸オーナーという響きがステキ。

デメリット

  • 空部屋の期間があった場合、住宅ローンを支払わないといけない。
  • 何かトラブルがあったときの対処やメンテナンスが大変。 

 

何もせず残しておく

メリット

  • (本/一時)帰国時に帰る家がある。特に一時帰国時は楽。売却か賃貸だと、実家かホテルに泊まる必要があるので。

デメリット

  • 住宅ローンを支払い続ける必要がある。
  • 家の換気等を誰かに頼む必要がある。(でないと、家が相当傷む)

 

我が家の結論

で、我が家としては、迷った末に売却をすることにしました。

元々中古で買った家というのもあり、査定しても購入時からの値下がりがほとんどなく、売却代金で住宅ローンを返済してもお釣りがくるというのが大きかったです。 

実際、売りに出してから2週間ほどで買主さんが現れ、無事に売却することができました(・∀・) 

どの方法が正解かは、置かれている状況によって違うかと思いますが、参考になれば嬉しいです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブログランキング参加中!他のバンコク情報・駐在妻ブログはこちらのボタンからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ